« 【シネマ】『地下鉄(メトロ)に乗って』 | トップページ | シネマ検定作ってみた(第1弾♪) »

2006年11月13日 (月)

【シネマ】『手紙』

Tegami02_1手紙 :06/11/3 公開

邦画/社会派ヒューマンドラマ

オススメ度:★★★★☆

キャスト:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ

人は、ひとりでは生きていけない――。

優しさを失った現代社会の、希望を失ったすべての人々に贈る、魂の人間賛歌――。

本作は、ある重罪を犯して服役中の兄とその弟の絆を描くという単純なストーリーではなく、日頃はスポットも当たらない、加害者側の家族に焦点を当てて、その苦難と、心の行き着く先のようなものが描かれている。

毎日、何かしら“事件”は絶えず起こっている。確かに、犯人は捕まって刑務所行きになったとしても、被害者側の家族や遺族から見れば、何をもって“解決”と言えるのだろうか?

真の更正とは?贖罪(しょくざい)とは?

という点を改めて考えさせられる作品だった。

また、本作は後半ラスト30~40分のクライマックスがすごく感動モノだった。この辺でやっと“良い映画だぁ”という感じになるんだけど、

その反面、前半は味気なさ過ぎた。(まぁ仕方ないか・・・・)

あと、個人的な見所としては、沢尻エリカの10代・20代+(初挑戦の)母親役が別の意味で見ごたえがありました!

|

« 【シネマ】『地下鉄(メトロ)に乗って』 | トップページ | シネマ検定作ってみた(第1弾♪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138769/12665235

この記事へのトラックバック一覧です: 【シネマ】『手紙』:

« 【シネマ】『地下鉄(メトロ)に乗って』 | トップページ | シネマ検定作ってみた(第1弾♪) »