« “こち亀”両さん 現る?! | トップページ | モブログ@nifty »

2006年2月19日 (日)

昨年末~正月の鑑賞作品

なかなか記事が書けずに昨年末から溜まっていた鑑賞作品&コメントにつき、やっと以下に掲載することができた。

uchusensou1) 宇宙戦争 :VIDEO&DVD

 洋画/SF ('05 アメリカ)

 オススメ度:★☆☆☆☆

S・スピルバーグ監督作品で、このようなタイトルから、『スター・ウォーズ』っぽいようなSF超大作をイメージしていたが・・・・

前半部分の、全てを破壊されそうなくらいの勢いや慌てふためく人間達の様子とはうって変わり、ちょっと拍子抜けするような結末だったのが残念。

les_choristes2) コーラス :VIDEO&DVD

 洋画/ドラマ ('04 フランス)

 オススメ度:★★★★☆

ある寄宿学校に赴任することになった音楽教師と生徒である少年達との心温まるふれあいと人間愛に満ちた感動作。

ストーリーも良いが、やはりこの少年達の澄んだ歌声を聴くと、言葉は分からなくても心が洗われるので是非聴いてほしい。

※個人的にも、ここ最近のフランス映画の中では一番良い作品だったのではと思う。

------------

以下の4作品は今年の正月に劇場鑑賞した作品です。

kingkong3) キング・コング ('05/12/17公開 アメリカ)

 洋画/SF(アドベンチャー)

 オススメ度:★★★☆☆

『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の監督が贈る、涙と感動の超大作!ということだが、やはりリメイク版なので旧作と比較されがちで、映像的にも全く違うモノに仕上がっているように思えた。

blackjack4) ブラック・ジャック ~ふたりの黒い医者~ ('05/12/17公開)

 邦画/アニメ

 オススメ度:★★★☆☆

やはりB・Jは単なる漫画・アニメではなかった。大人が観ても楽しめる立派な娯楽作品だ。

sayuri015) SAYURI ('05/12/10公開)

 オススメ度:★★★★★

S・スピルバーグ製作の下、『シカゴ』のアカデミー賞スタッフが再結集。ハリウッドが全世界に贈る、華麗なる美の饗宴――。

というフレコミ通り、キャストも豪華で、何を言ってもチャン・ツィイーは今向かうところ敵なしということを実感したような作品だった。

ただ、ストーリーや設定の細かい部分については色々コメントしたい点はあるが、あえて控えておこう・・・。

amenonakano_aozora6) アメノナカノ青空 ('05/12/10公開)

 洋画/ドラマ(恋愛) ('03 韓国)

 オススメ度:★★★★☆

主人公ミナを演じるイム・スジョンと、彼氏ヨンジェを演じるキム・レウォンの二人がとても爽やかな分、切なくもあり、とても良い作品だった。

 ◆本作品の公式ブログ→http://ameao.exblog.jp/i0

|

« “こち亀”両さん 現る?! | トップページ | モブログ@nifty »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138769/8737450

この記事へのトラックバック一覧です: 昨年末~正月の鑑賞作品:

» 正月のネタ [ネタ蔵]
正月のネタを追いかけるヨ! [続きを読む]

受信: 2006年2月19日 (日) 19:16

« “こち亀”両さん 現る?! | トップページ | モブログ@nifty »