« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月30日 (日)

【シネマ】『ドミノ』

domino01 ドミノ  :上映中(10/22公開)

洋画/ドラマ

オススメ度:★★★☆☆

まず、実在したドミノ・ハーヴェイという、賞金稼ぎを稼業としていた女性をモデルにした作品ということで、観る前は『ロングキス・グッドナイト』のような、屈強なブロンド女が銃を撃ちまくって痛快に暴れまくり・・・のようなイメージだったが、思った程アクションもストーリーもハードではなかった。

ただ、映像的にちょっとツラかったのは、トニー・スコットという監督の味?!なのか、フラッシュバックやオーバーラップの他、早回しやスローモーション&逆回しなど色々な手法で、これでもかというくらい(うっとうしいくらい)画面上に畳み掛けるところなんかは、何かの予告編映像を見ているような感覚もあった反面、目がチカチカしてついていけず、観るのがしんどい場面もあった!(苦笑)

あとは、主演のキーラ・ナイトレイがショートヘアも似合うのが良く分かったことと、ミッキー・ロークが昔とは違った貫禄のある俳優として見えてきたことが本作品の収穫だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【シネマ】『バットマン ビギンズ』

batman_biginsバットマン ビギンズ :VIDEO&DVD

洋画/SF ('05 アメリカ)

オススメ度:★★★☆☆

本作はバットマンこと、ブルース・ウェインの過去(バットマンになるまでの背景)が描かれており、バットマンシリーズとしては5作目になるらしいが、これまでの作風・ストーリーとは違って、ファンタジーっぽさは全く無です。マジメというかフツウに仕上がっている感じ)

でも、バットマンってあれほどの大金持ちだったの?っていう意味で“ファンタジー”だった!

ただ、相変わらずの豪華キャストなので、単純に楽しめる作品と思います♪

あと、渡辺謙の出演が話題になったけれども、作品中では予想以上にあっという間に消えてしまうので、もう少しストーリー的な貢献度があっても面白かったのでは・・・と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

【シネマ】『バタフライ・エフェクト』

butterfly_effectバタフライ・エフェクト (The Butterfly Effect) :VIDEO&DVD

洋画/ドラマ(ミステリー) ('03 アメリカ)

オススメ度:★★★★★

予測不能ノンストップサスペンス!!っていうフレコミ通り、なかなか面白い作品だった!

一体、どこでどういう風に終わるんだろう?!と最後までハラハラ感があります。

キャスティングもあまりメジャー級の俳優達でなかったのが、更に新鮮味を増して良かったのかも。

主演のアシュトン・カッチャーは、CKなどトップモデル出身で、これまではB級作品やコメディータッチの役柄などが多かったみたいだが、本作品で新境地を拓き、今後トップスターの一人として活躍するのは間違いないだろうと思う。

(日本の俳優で言うと、ちょうど 阿部寛 とかが思い浮かぶなぁ)

でも、実はこの名前と存在を知るキッカケとなったのは、先月、あの大女優デミ・ムーア(42歳/ブルース・ウィリスの元奥さん)が15歳年下の俳優と再婚した!というニュースだった・・・・

彼自身にとって、これがどんな“バタフライ効果”を生み出すのだろうか・・・?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

【シネマ】『キングダム・オブ・ヘブン』

kingdom_of_heavenキングダム・オブ・ヘブン :VIDEO&DVD

洋画/ドラマ(史劇)

オススメ度:★★☆☆☆

リドリー・スコット(監督)作品ということで

ちょっと期待してしまったが、主演のオーランド・ブルームの迫力の無さなのか、グラディエイター』程の迫力まではいかなかったと思う。

ストーリー的には非常に好きなジャンルだったんだけれども、やはり、O.ブルームって、現代劇の若者や人間の英雄とかじゃなく、ロード・オブ・ザ・リング』のエルフ(レゴラス)みたいな役が一番ハマリ役なのでは、とつくづく感じた今日この頃・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年10月16日 (日)

エンタ検定にチャレンジ!

情報誌『日経エンタテインメント!(11月号)』の特集記事で、

“映画・TV・芸能など流行常識度がチェックできる(全国ランキングも分かる)検定”

があり、以下サイトで検定が受けられるというので、とりあえずワタシもチャレンジしてみた!

  検定サイト→ 【第1回 エンタ!検定】

で、

  ワタシの結果は・・・・

 あなたの総合得点は77点  全国平均 59点 
 全国順位(10月15日 10時現在) 5073位(102772人中)

--講評---------------------
あなたは「エンタの玄人」
あなたは忙しい仕事や勉学のかたわら、世間の流行情報チェック
を怠らない努力家に違いありません。
すべてのジャンルにおいて偏りなく平均的に知っています。
仲間内ではすべての会話についていけるムードメーカーとして活
躍できるでしょう。
次は1つのジャンルを深めてみてはいかがでしょうか。
解答の傾向としては、特に「海外」「雑学」ネタに詳しいですね。
-------------------------

という内容だった。 (ありがたい?講評つき)

意外と知らないこともあったけど、この点数でも一応「エンタの玄人」らしい。

※実はこの検定、何回も受けることができる(答え合わせもできる)ので、何度か受ければ満点も夢じゃない!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【シネマ】『東京タワー』

tokyo_tower東京タワー :VIDEO&DVD

邦画/ドラマ(恋愛) ('04 日本)

オススメ度:★★☆☆☆

以前から思っていたが、黒木瞳って本当に不思議な女優だとつくづく思う。

相手(共演者)が、息子と言ってもいいくらいの若者でも、はたまた中年を超えた初老(?)でも、恋人や妻として違和感なく演じられる、また自然にそういう風に見えてくる。

これからもまだまだ活躍して欲しいと思う女優の一人だ。

また、岡田准一(V6)は最近映画俳優として見る機会も少し増えてきたけど、彼は他のジャニーズ系タレントと比べてもあまり“ジャニーズ色”が濃くないのでは・・・と感じたりする今日この頃・・・。ちょっとオヤジっぽいコメントだったかな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

【シネマ】『あずみ2』

azumi2あずみ2 ~Death or Love~ :VIDEO&DVD

邦画/アクション(時代劇)

オススメ度:★★★★☆

上戸彩が前作に続きかなり頑張っている!

・・・が、元々コミック版『あずみ』のファンからすれば、もうちょっと迫力が欲しいといったところか・・・?!

また、最近『SHINOBI』とかも観たせいか、忍者モノや時代劇モノも昔と比べてアクション・VFXの技術も向上して迫力はあるものの、

やっぱり+α(プラスアルファ)で景観・色合いなどの映像美は絶対必要だとつくづく思う今日この頃・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【シネマ】『DEAN(ディーン)』

dean DEAN(ディーン) :VIDEO&DVD

洋画/ドラマ(伝記)

オススメ度:★★★☆☆

ジェームス・ディーンの生涯を描いた作品で、

主演のジェームズ・フランコ『スパイダーマン』の脇役の時とはまた違った存在感を放ってます!(主役だからかなぁ?!)

また、J・ディーン没後50年を記念してのリリースとのことだが、

そう言えば、ワタシも確か中学時代に、学校行事で『エデンの東』を鑑賞したことがあったが、その時は退屈に感じたせいか、J・ディーンに興味がなかったせいか、あまりまじめに観なかったのでストーリーなども殆ど覚えてなかったなぁ~。。。

でも、この作品を観て、J・ディーンの人物像とか新たな発見もあり、良かったと思う。ちょっと気付くのが遅いとは思うけど・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

【シネマ】『オペラ座の怪人』

operazanokaijinオペラ座の怪人 :VIDEO&DVD

洋画/ドラマ(ミュージカル) ('04 アメリカ) 

オススメ度:★★☆☆☆

セットや各場面の豪華さに加え、出演者達の吹き替え無しの歌唱力には感心させられた。

まぁ、“ミュージカル映画好き”の人にはたまらない作品ではあると思う。

・・・けれども、ワタシはやはり長編で時間が長過ぎて感じてしまったのと、ミュージカル調の映画には慣れていないので、正直ちょっとピンと来なかったかなぁ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

秋の夜長に・・・24?!

もういつの間にか10月になってしまった!早いなぁ~!!

この1週間程、仕事の方も9月末の追い込みやら何やらでなかなか書き込みができない状態だったけど、最近の夜(深夜)はというと、

『24(トゥエンティーフォー)/シーズンⅢ』

がTVで連夜放映されているのを、たまたま1話目を観てしまったのがキッカケで、ただでさえ平日なかなか眠れないのに、また当分眠れない日々が続いています・・・・・(苦笑)

でも、24って観だすとハマってしまうなー。 

また、この手のシリーズ化作品は、昔の『Xファイル』とかみたいに、シリーズが進むにつれてストーリーも当然過激にならざるを得なくなり、半ば強引な(無理やりな)展開も増えてくるけれど、逆に、そのあり得ない“どんでん返しストーリー”(ジェットコースタームービーって言うらしいけど)にも今では慣れてきてしまって、最初(シーズンⅠ)に観た衝撃は正直薄れてしまっていると思う。

まぁ、大体どんな映画作品でも言えると思うが、シリーズ化作品って2作目・3作目が肝心だと思うし、また1作目より良かったとしても、あまり4作目とかそれ以上長期化させるのはあまり良くないのでは・・・・とつくづく思う今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »